キャリア(MNO) 携帯(モバイル)

家族の利用がおトク。ワイモバイル新料金シンプルプラン改定。

2021年2月2日

ワイモバイルが提供開始を予定していたシンプルプランを改定。割引や一部コースのデータ容量上限を増量しました。この記事では2021年2月18日より提供開始されるシンプルプランについて解説します。

 

この記事のポイント

■ 割引額とデータ容量上限をUP

■ 家族で利用するとおトク(2回線以上)

■ 国内かけ放題は別途

■ データ上限後の通信速度が速い

■ 機能面ではUQモバイルのほうが上

■ 対面サポートが魅力

 

割引額とデータ容量上限をUP

出典:ワイモバイル公式ホームページ

2020年12月にワイモバイルの新料金シンプルプランは発表されました。※詳細はこちらの記事を参照

 

発表直後の料金表がこちら。これまで提供されていた「期間限定の割引(利用開始月から6か月は月額700円割引等)」「期間限定のデータ増量(利用開始から1年間はデータ容量上限が1GB UP等)」の提供を中止

 

割引を「光回線とのセット割引」、もしくは「家族割引サービス(2回線目以降のみ割引)」だけに絞ることで、「シンプルプラン」として打ち出しました。

 

ところが、直後にKDDIがUQモバイルの新料金プラン「くりこしプラン」を発表。 ※詳細記事はこちらを参照。3GB 1480円(税込:1,628円)~、割引はすべて排除し、誰でも条件なしでこの料金で利用することができます。これまでは、UQモバイルもワイモバイル同様に、「家族割引サービス(2回線目以降のみ割引)」を提供していましたが、これを廃止して、誰でもワイモバイルの割引後の料金と同じ料金で利用できるようにしました。

 

出典:UQモバイルホームページ

 

これではワイモバイルはUQモバイルに料金面ではまったく勝負になりません。そこで発表されたのがシンプルプラン料金改定です。

 

 

改定後の料金表がこちら。単純なUQモバイルの追随とはなりませんでした。

 

「光回線とのセット割」「家族割引(2回線目以降のみ割引)」の割引がUPして、500円から1,080円にUP。割引条件はこれまで通りで、条件なしの割引とはなりません。

 

さらに、シンプルMとシンプルLのデータ容量上限がUP。10GB→15GB20GB→25GBへと増量です。

 

割引を考慮した場合、月額1,000円をきって、「シンプルS 3GB 月額900円(税込:990円)」シンプルM 15GB 月額1,900円(税込:2,090円)」「シンプルL 25GB 月額2,700円(税込:2,970円)」

 

割引を考慮しない場合は、「シンプルS 3GB 月額1,980円(税込:2,178円)」「シンプルM 10GB 月額2,980円(税込:3,278円)」「シンプルL 20GB 月額3,780円(税込:4,158円)」

 

「3GB 月額900円(税込:990円)」が大きくアピールされていますが、割引後の料金なので注意が必要です。

 

家族で利用するとおトク(2回線以上)

一見したわけでは分かりづらいですが、2回線以上利用したトータル金額が安くなるのがワイモバイル新料金プランの特徴です。

 

こちらの図は、UQモバイルのくりこしプランを、家族で2回線利用した場合で比較したものです。S,M,Lいずれも2回線トータル金額は、シンプルプランのほうが安いことが分かります。

 

ソフトバンクの光回線を利用している場合を除ければ、ワイモバイルは家族に強く、UQモバイルは単身者に強い。家族を囲い込んだほうが収入が高くなる傾向があるので、こうした料金戦略を選んだのだと思われます。

 

国内かけ放題は別途

 

国内かけ放題を利用したい場合は、別途申し込みが必要。

 

「10分国内かけ放題 月額700円(税込:770円)」「24時間国内かけ放題 月額1,700円(税込:1,870円)」

 

この国内かけ放題が別途となる仕様は、シンプルプラン発表当初と変わっていません。

 

機能面ではUQモバイルのほうが上

機能面はUQモバイルのほうが上です。

 

ワイモバイルは、事実上のキャリアとして、キャリアと同じ仕様。「データ繰り越し」「高速通信ON/OFF」「バースト通信」といった格安SIMで人気の機能は提供していません。一方、UQモバイルは格安SIMとして出発したため、これらの機能を提供しています。

 

料金以外の仕様も考慮して、ワイモバイルの加入を検討するようにしてください。

 

対面サポートが魅力

 

ワイモバイルは、注目される大手3キャリアのオンライン専用プランとは異なり、携帯ショップも利用可能。ソフトバンクショップでもワイモバイルは取り扱われています。

 

料金だけでなく、店頭サポートの必要有無も検討して通信会社を選択してみてください。

 

【関連記事】

ワイモバイル(Y!モバイル)iPhone12/12miniの販売を開始。新規・MNP(他社からの乗り換え)以外は価格メリットはなし。

ソフトバンクは、サブブランドの「ワイモバイル」で、2021年2月26日「iPhone12」「iPhone12 mini」の販売を開始しました。 気になった方はこちらをチェック公式ホームページで検討※キ ...

続きを見る

ワイモバイルのシンプルプランがeSIMに対応。メリット、注意事項を解説。

2021年3月1日(月)ソフトバンクは、サブブランド「ワイモバイル」が提供する「シンプルプラン」の「SIM単体契約」において、eSIM(embedded Subscriber Identity Mod ...

続きを見る

 

スマサポ
以上、ワイモバイルのシンプルプラン料金改定を解説させて頂きました。あなたに合った適切なサービス・プランを選んでくださいね。閲覧ありがとうございました。

 

+4
  • この記事を書いた人

ながぽこ

スマサポチャンネル運営責任者兼脚本担当。NTTコミュニケーションズ出身。在職約15年間に外資系通信会社向けホールセールス、大手金融向けアカウントセールス、コンシューマ向けISP、格安SIMルートセールス等を歴任。2019年4月からスマサポチャンネルの運営を開始。皆さんの通信・ITの分からないを解決するお手伝いをさせて頂く活動をしています。

-キャリア(MNO), 携帯(モバイル)

Copyright © Crilu Co., Ltd. , All Rights Reserved.