キャリア(MNO)

ソフトバンク(Softbank)スマートフォン購入方法(トクするサポート+)

2020年12月11日

  1. HOME >
  2. 携帯(モバイル) >
  3. キャリア(MNO) >

ソフトバンク(Softbank)スマートフォン購入方法(トクするサポート+)

2020年12月11日

ソフトバンクのスマートフォン料金表は必ずこの「トクするサポート+」を利用することが前提の表記がされています。本記事ではソフトバンクのスマートフォンの購入方法である「トクするサポート+」について解説します。この内容は複雑です。必ず十分にこのプログラムの仕組みを理解してから利用するようにしてください。

 

気になった方はこちらをチェック

公式ホームページを確認

 

スマサポ
まずは特徴をご紹介

特徴

■ 無金利48回払い

■ 新しい機種へ買い替え・旧端末はソフトバンクへ返却すると最大24回分の支払い免除

■ 新しい機種へ買い替えない場合は、ソフトバンクへ返却するとPayPayボーナス

 

無金利48回払い

引用元:ソフトバンクホームページ/トクするサポート+

 

かえとくプログラムは「48回分割払い」が基本となります。金利0円の分割購入払いができると理解するとわかりやすいかと思います。

 

分割払いなので利用するには信用調査に合格する必要があるのでご注意ください。

 

新しい機種へ買い替え・旧端末はソフトバンクへ返却すると最大24回分の支払い免除

 

25か月目以降にソフトバンクにて指定の新しいスマートフォンを購入した場合には、残りの支払いが免除されます。

 

13か月以降であれば買い替えのタイミングは利用者の任意のタイミングで可能。必ず25か月目に買い替えをしなければならないというわけではありません。

 

注意なのはあくまでも免除されるのは「最大」24回分。例えば、36か月目にソフトバンクで新しいスマートフォンを購入すると、免除されるのは12回分のみ。遡って支払った金額がキャッシュバックされる仕組みではありません。買い替えタイミングを早める場合、例えば13か月目に新しいスマートフォンを購入した場合でも免除されるのは最大でも24回分のみで差額は利用者が支払う必要があります。

 

新しい機種へ買い替えない場合は、ソフトバンクへ返却するとPayPayボーナス

 

トクするサポート+はソフトバンクで新しいスマートフォンを購入、買い替えることが必須ではありません。

 

ソフトバンクから新しいスマートフォンを購入しない場合に、トクするサポート+で購入したスマートフォンを返却するとPayPayボーナスをもらうことも可能。その金額はソフトバンクが定める金額(買取金額)となるため、決まった金額のPayPayボーナスがもらえるわけではありまえん。

 

返却しPayPayボーナスがもらえたからといって、スマートフォンの支払い義務がなくなるわけではありません。残りの分割支払金は引き続きソフトバンクへ支払う必要がある点には注意しましょう。

 

スマートフォンを買い替え、返却両方とも行わない選択も可能。ただ、特典は一切ないので淡々と無金利48か月払いを行うかたちとなります。

 

 

スマサポ
本プログラムの注意ポイントを解説

 

ココに注意

■ 返却後はスマートフォンは手元に残らない

■ 返却時には査定基準を満たす必要がある

 

返却後はスマートフォンは手元に残らない

 

当たり前にはなりますが、支払い免除の特典を受けるためにスマートフォンを返却すれば手元にスマートフォンは残りません。

 

ソフトバンク指定の新しいスマートフォンを購入するか、ソフトバンク以外の販路からSIMフリーモデルのスマートフォンを購入するなどして、返却後利用するスマートフォンを事前に決めておきましょう。

 

 

返却時には査定基準を満たす必要がある

 

「返却」となっていますが、実質は「買取」です。買取金額を受け取る代わりに最終支払いが免除になるのがこのプログラム。

 

返却したスマートフォンが故障、水濡れ、破損、画面割れ等の状態であればドコモの審査基準を満たすことができずに、支払い免除とならない可能性があります。それでも支払い免除を希望する場合は、22,000円(不課税)の故障時利用料を支払わなければならない可能性があります。

 

傷や故障に十分注意してスマートフォンを利用するようにしましょう。詳しくはこちらのソフトバンクホームページをご確認ください。

 

 

スマサポ
それではかえトクプログラムの「こんな方におすすめ」をご紹介!

こんな方におすすめ

  • 2年に1回スマートフォンを買い替える方
  • 一括払いでスマートフォンの購入が難しい方
  • 携帯ショップでのサポートを受けたい方

政府による端末値引上限規制が後をししていることもあり、ソフトバンク等大手キャリアでスマートフォンを購入する料金的なメリットがなくなりつつあります。「新規、乗り換え」ではなく、「機種変更」のみであればSIMフリーモデルを購入したほうがキャリアで購入する場合より安くなる場合があります。(例:iPhoneであればapplestore等で購入したほうが定価が安い)

 

携帯ショップで表示される「実質負担額」は、最大24回の支払いが免除される前提の金額です。利用者の選択次第ではこの実質負担額にならない可能性があるので十分ご注意ください。

 

購入金額以外のキャリア購入のメリットは店頭でのサポート(代替機の用意等)、購入元キャリアを利用する際の動作保証。この点に魅力を感じる人はキャリアでの購入もおすすめです。

 

「トクするサポート+」が気になった方は以下の公式ホームページにある注意事項を確認するようにしてください。

気になった方はこちらをチェック

公式ホームページを確認

スマサポ
あなたに合った適切な購入方法を選択してくださいね。閲覧ありがとうございました。
+1
  • この記事を書いた人

ながぽこ

スマサポチャンネル運営責任者兼脚本担当。NTTコミュニケーションズ出身。在職約15年間に外資系通信会社向けホールセールス、大手金融向けアカウントセールス、コンシューマ向けISP、格安SIMルートセールス等を歴任。2019年4月からスマサポチャンネルの運営を開始。皆さんの通信・ITの分からないを解決するお手伝いをさせて頂く活動をしています。

-キャリア(MNO)

Copyright © Crilu Co., Ltd. , All Rights Reserved.