キャリア(MNO) 携帯(モバイル)

ドコモ(docomo) 5Gギガホプレミア/ギガホプレミアについて解説

2020年12月19日

  1. HOME >
  2. 携帯(モバイル) >
  3. キャリア(MNO) >

ドコモ(docomo) 5Gギガホプレミア/ギガホプレミアについて解説

2020年12月19日

 

2020年12月18日ドコモがヘビーユーザー向けに提供している5ギガホ、ギガホの見直しを発表。

正式にドコモも「無制限」プランを投入し、5Gの本格利用を視野に入れたプラン内容となっています。

本プランのサービス開始予定日は2021年4月1日予定です。

 

気になった方はこちらをチェック

公式ホームページで検討

※キャンペーンは注意事項も含めて必ずチェック

スマサポ
ではまずオススメポイント~

ココがおすすめ

■ <5G ギガホプレミア> データ容量無制限 月額6,650円(税込:7,315円)

■ <ギガホプレミア>データ容量60GB 月額6,550円(税込:7,205円)

■ 3GB以下の利用月は月額1500円割引

■ テザリングに強い

■ 契約期間途中に切れる割引なし

 

<5G ギガホプレミア> データ容量無制限 月額6,650円(税込:7,315円)

 

5Gギガホプレミアは月額6,650円(税込:7,315円。無制限。データ利用量に上限はありません。容量が無制限になったにもかかわらず、従来のギガホより月額料金が1,000円値下げとなりました。

 

従来はキャンペーンでは無制限を提供していましたが、標準仕様として「無制限」となったのは初になります。

 

ただし、「ネットワーク混雑時・大量通信時などに通信制限がかかる場合があります。」と注釈に記載されているので、短期間での大容量通信を行った場合には通信速度が制限される可能性があるので注意しましょう。

 

<ギガホプレミア>データ容量60GB 月額6,550円(税込:7,205円)

 

ギガホプレミアは4G向けの料金プラン。月額6,550円(税込:7,205円)。データ容量上限は60GB。5Gのギガホプレミアと違い容量無制限ではありません。

 

無制限ではないものの、データ容量到達後の最大通信速度は1Mbps。通常のウェブサイトの閲覧などは問題がない通信速度で利用することが可能です。

 

5Gを普及していきたいドコモとしては4Gより5Gのスペックをより良いものとすることで、加入を促進したい意図があると思われます。

 

3GB以下の利用月は月額1,500円割引

 

5Gギガホプレミア、ギガホプレミアはデータ通信をあまり利用しない月は自動で安くなります。

 

その閾値は3GB。該当付きのデータ通信量が3GB以下の場合は月額利用料金が1,500円減額されます。

 

ヘビーユーザー向けのプランで3GB以下に抑える人がどれほどいるか分かりませんが、利用しない月があれば割引があるのはメリットです。

 

テザリングに強い

 

ドコモはau、ソフトバンクと比べてテザリングに強いです。

 

追加利用料なし、別途申し込み不要。データ容量内でテザリングを利用することが可能となります。

 

5G ギガホプレミアならてテザリングを利用してもデータ容量無制限。自宅に光回線などの固定のインターネット接続サービスを利用していない方、モバイルWi-Fiルーターを別途契約している方などが5Gギガホプレミアに一本化することもおススメです。

 

ただし、上記でお伝えした通り通信制限の可能性がないわけではありません。スマートスピーカーのように自宅で常に通信する需要のある機器を持っている場合やご家族がいる場合には光回線を解約してこれに一本化することは慎重に検討するようにしてください。

 

契約期間途中に切れる割引なし

 

割引体系の一部見直しがあり、従来は5Gギガホ割という「最大6か月間月額料金から1,000円割引」がありましたがこれを撤廃しました。

 

これにより契約期間の途中、ある日突然月額利用料が上がることはなくなったので、利用者にとっては分かりやすく、安心できる内容となりました。

 

実は、今回の5Gギガホプレミアの1000円値下げはこの5Gギガホ割の適用期間を恒久化したものとなります。

 

スマサポ
続いてマイナスポイント~。

 

ココに注意

■ 国内かけ放題は別料金

■ 広告に表記される金額はすべて割引を適用した金額

■ 無制限は5Gギガホプレミアのみ

■ 既存5Gギガホ、5Gギガホユーザーはプラン変更が必要

 

国内かけ放題は別料金

 

5Gギガホプレミア、ギガホプレミアは国内かけ放題の料金は含まれていません。

 

5分国内かけ放題が月額700円(税込:770円)。24時間国内かけ放題が月額1700円(税込:1,870円)。別途オプションで契約しなければならないのでご注意ください。

 

家族割引を組んでいる場合は家族間の通話は無料になります。

 

広告に表記される金額はすべて割引を適用した金額

出典:ドコモホームページ/報道発表資料

月額4,480円、月額4,380円とアピールされているのは、「すべて割引を適用」した場合の料金です。

 

家族割引3回線以上、ドコモ光(おうちの光回線インターネット接続サービス)とのセット割、支払い方法にdカード払いを選択した際の割引。これをすべて適用した料金になります。

 

4G向けのギガホプレミアのみ「2年縛り」で月額170円割引が可能。ただし、期間途中に解約した場合は解約違約金1,000円(非課税)となります。

 

自分がどの割引が適用されるかをよく見てから加入を検討するようにしてください。

 

無制限は5Gギガホプレミアのみ

 

データ容量無制限は5Gギガホプレミアのみ。

 

ドコモで5Gの契約をするには「ドコモで5G対応のスマートフォンを購入」するか、「5G対応のスマートフォンを携帯ショップに持ち込む」のどちらかになります。

 

4G対応スマートフォンしか持っていない方が5G契約をすることはできません。

 

既存5Gギガホ、5Gギガホユーザーはプラン変更が必要

 

従来の5Gギガホ、ギガホ利用中のユーザーが5G ギガホプレミア、5Gギガホに自動でアップグレードされるわけではありません。

 

必ず利用者が「ご自身でプラン変更」する必要があります。どうして自動で変更してくれないのか残念でありますが、従来の5Gギガホ、ギガホが今回リリースした5Gギガホプレミア、ギガホプレミアに勝る点はありませんのでプラン変更をすることを忘れないようにいましょう。

 

 

スマサポ
それではドコモのahamoの「こんな方におすすめ」をご紹介!

こんな方におすすめ

  • NTTdocomoの高い通信品質で大容量通信をしたい方
  • リアルショップ、コールセンターによるサポートを必要とする方
  • 自宅で光回線を使った常時通信する需要のない方
  • モバイルWi-Fiルーターを別途契約中の方

ahamoほどのインパクトはなく、従来の料金体系をほとんど踏襲した5Gギガホプレミア、ギガホプレミア。国内かけ放題は別途、複数の割引は維持。この点は残念な印象があります。

 

しかし、5G向けのみだけとはいえ無制限プランを投入してきたことは大きく、ドコモの高品質な通信でテザリングも利用可能なこのプランは、使い方によっては自宅の光回線を不要にしても良いものになります。モバイルWi-Fiルーターを利用中の方も検討する価値があります。物理的な端末を一つ減らすことができる上、外出先でドコモの高品質ネットワークを使ったパソコン利用ができるのでビジネスユースにもおすすめ。対象料金面が高くなっても、利便性が向上するかと思います。

 

大容量のデータ通信を必要とする方は一度この5Gギガホプレミア、ギガホプレミアを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ドコモの5Gギガホプレミア、ギガホプレミアが気になった方は以下の公式ホームページからご検討ください。必ず注意事項も確認するようにしましょう。

気になった方はこちらをチェック

公式ホームページで検討

※キャンペーンは注意事項も含めて必ずチェック

スマサポ
あなたに合った適切なサービス・プランを選んでくださいね。閲覧ありがとうございました。
+5
  • この記事を書いた人

ながぽこ

スマサポチャンネル運営責任者兼脚本担当。NTTコミュニケーションズ出身。在職約15年間に外資系通信会社向けホールセールス、大手金融向けアカウントセールス、コンシューマ向けISP、格安SIMルートセールス等を歴任。2019年4月からスマサポチャンネルの運営を開始。皆さんの通信・ITの分からないを解決するお手伝いをさせて頂く活動をしています。

-キャリア(MNO), 携帯(モバイル)

Copyright © Crilu Co., Ltd. , All Rights Reserved.