ガジェット

Appleの貴重なミッドレンジスマホ。iPhone SE(第2世代) 解説

2020年8月24日

iPhone SE (第2世代)

アップルウェブサイトより引用

 

iPhoneとしては抑え目な価格が目を引くiPhone SE(第2世代)。(アップル直販のオンラインストアで「44,800円(税込:49,280円)~」)

 

2016年に発売された同名のiPhoneの後継機といえるもので、実は2020年4月に発売された発売から一年以内の最新のiPhoneなんです。(2021年1月現在)

 

この記事では、販売から9か月を過ぎた今改めてiPhone SE(第2世代)についてオススメポイント、注意ポイント、オススメな方をご紹介します!

 

要点のみに絞っているので、詳細については必ず公式ホームページをご確認ください。

 

ココがおすすめ

  • iPhoneを5万円以下で買える
  • アプリもゲームもサクサク動く
  • マスクを着けたまま認証できる(指紋認証)
  • スマホケース等のアクセサリが多い

iPhoneを5万円以下で買える

iPhone SE(第2世代)はアップル直販のオンラインストアで44,800円(税込:49,280円)から買えます。

 

iPhoneとしては安いですが機能はほぼすべて備わっています

 

通話やメール、インターネットは当然のこと、ワイヤレス充電や耐水機能も備えていますし、Wi-Fi 6eSIMにも対応しています。

 

Felicaにも対応しているので、Apple Payを利用してSuicaを入れて使うこともできます

 

アプリもゲームもサクサク動く

iPhone SE(第2世代)には、一世代前の最上位機種のiPhone 11 Proと同じA13 Bionicというプロセッサーが使われています。

 

直前の最上位機種と同じということは、今のアプリやゲームを動かすには十分以上の性能を期待できます。

 

また、このプロセッサーが使われているおかげで、カメラの画像処理機能も向上しています。

 

マスクを着けたまま認証できる(指紋認証)

2017年に発売されたiPhone X以降のiPhoneは、指紋認証ではなくて「Face ID」と呼ばれる顔認証機能が搭載されていました。

 

Face IDはスマホを顔の前に持ってくるだけでロックを解除できるなど便利な機能ですが、マスクを着けたままだとロック解除にパスコードの入力が必要で手間がかかります。

 

iPhone SE(第2世代)はFace IDの代わりにTouch IDという指紋認証機能が搭載されていますので、マスクを着けたままでも素早くロック解除ができます。

 

スマホケース等のアクセサリが多い

iPhone SE(第2世代)のサイズや外見はiPhone 8と同じですので、iPhone 8用のスマホケースがそのまま使えます

 

iPhone 8用のアクセサリはたくさん発売されています。お気に入りのものを見つけられる可能性は高そうです。

 

ただ、画面保護用のフィルムはiPhone 8用のものだと端が浮いてしまうことがあるようなので、「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone SE 2」対応と書かれているものが無難です。

 

ココに注意

  • 画面が小さい
  • カメラの機能が少ない
  • 5Gに対応していない
  • 購入時に充電器が付属しない

画面が小さい

iPhone SE(第2世代)の画面サイズは4.7インチ。大きなものでは6.5インチ以上のものまである最近のスマホを考えると画面は小さめです。

 

すでに6インチ前後のスマホを利用している方からすると、動画やゲームの画面は迫力不足と感じるかもしれません。

 

また、ベゼルと呼ばれるディスプレイの周りの枠のが大きく、少し古いデザインに見えなくもないです。(2017年に発売されたiPhone 8と同じデザインですからね……)

 

カメラの機能が少ない

iPhone SE(第2世代)のカメラは、光学式手ぶれ補正やデジタルズームなど一通りの機能は備わっていますが、超広角レンズや望遠レンズは付いていません

 

その他の機能としては人物の背景をぼかした写真が撮れるポートレートモードはある一方、暗い場所の写真を綺麗に撮れるナイトモードには対応していません

 

また、ポートレートモードは人物以外には対応していないので、動物などを撮影する際に背景をぼかしたくても利用することはできません。

 

5Gに対応していない

Androidスマホでは5G対応のものも出てきていますが、iPhone SE(第2世代)は5Gには対応していません。(iPhoneで5Gに対応しているのははiPhone 12シリーズ以降です)

 

5Gが普及してきたからら試してみたい……ということはiPhone SE(第2世代)ではできません。

 

購入時に充電器が付属しない

Appleは環境負荷への配慮という方針からiPhone 12シリーズに充電器(電源アダプタ)とイヤホンを付属していませんが、iPhone 12シリーズ発売と同時期にiPhone SE(第2世代)にも充電器(電源アダプタ)とイヤホンを付属しなくなりました

 

USB-C - Lightningケーブルは付属しますが、USB-Cに対応した電源アダプタを持っていない場合は追加で購入する必要があります

 

高速充電が可能な20W USB-C電源アダプタは、アップル直販のオンラインストアで2,000円で販売されています。

 

こんな方におすすめ

  • これから初めてiPhoneを使ってみたい方
  • カメラ機能がそこそこで十分な方

まとめるとiPhone SE(第2世代)は、「安くて」「プロセッサーが新しくて」「本体デザインはちょっと古い」iPhoneです。

 

小さめの画面サイズやシンプルなカメラ機能が気にならないのであれば、44,800円(税込:49,280円)から買える価格は魅力的です。

 

一世代前の最上位機種と同じプロセッサーを載せたスマホで、iPhoneとしての機能のほぼすべてを利用できます。

 

一方で、外見は2017年に発売されたiPhone 8と同じため、画面の周りの太めのベゼル(枠)やホームボタンなどのデザインが少し古く見えてしまうかもしれません。

 

アップル直販のオンラインストアや3大キャリアだけでなく、格安SIMのmineoIIJmioOCNモバイルONE、サブブランドのUQ mobileY!mobile(ワイモバイル)など様々な事業者からも発売されています。

 

値段や条件付きの割引などが各社異なりますので、iPhone SE(第2世代)が気になった方は各社のサイトで詳細をご確認ください。

 

アップル

NTTドコモ

au

ソフトバンク

UQ mobile

Y!mobile(ワイモバイル)

mineo

OCNモバイルONE

IIJmio

+1
  • この記事を書いた人

なべ

スマサポポータルの通信以外の記事担当。本業はソフトウェアエンジニア。 持てる知識を活用して、わかりやすい記事を書こうと奮闘中です。

-ガジェット

Copyright © Crilu Co., Ltd. , All Rights Reserved.