お役立ち情報

スマートフォンやタブレットは携帯会社の電波がなくても利用可能

スマサポ
今さら聞けないシリーズ。スマートフォンやタブレットは携帯会社の契約がないと利用できないという誤った認識について解説します。

ここがポイント

■ よくある誤解

■ 携帯会社の電波は手段の一つ

■ 古い端末は利用可能

■ Wi-FiモデルとCellularモデル

 

よくある誤解

スマートフォンやタブレットは携帯会社の契約が必須と思っている方が多いです。この理解が正確ではありません

 

仮に携帯会社との契約がなくても、スマートフォンやタブレットは単体で利用することができます。

 

携帯会社の電波は手段の一つ

 

携帯会社の電波はスマートフォンやタブレットをインターネット、もしくは電話ネットワークへつなぐ手段の一つでしかありません。

 

スマートフォンやタブレットは様々な機能を持っていて、携帯電話会社の電波を利用できる他にも、「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」などを利用することができます。

 

携帯会社の電話サービスを除いて、スマートフォンやタブレット上で利用するアプリは「インターネット」に接続することで利用できます。インターネットに接続できる手段が必ずしも、携帯会社の電波である必要はありません

 

Wi-FiやBluetooth、USBなどを経由して、インターネットに接続さえできればスマートフォンやタブレットを利用することができます。

 

古い端末は利用可能

新しいスマートフォンやタブレットに買い替えた場合(機種変更)、古いスマートフォンやタブレットからは「SIMカード」が抜かれ、携帯会社の電波を利用できなくなります。

 

ですが、SIMカードが抜かれた状態であっても、他の機能が利用できなくなったわけではありません。「Wi-Fi」や「Bluetooth」といった機能は利用可能。

 

Wi-Fiを利用して、インターネットに接続さえできれば引き続き古いスマートフォンやタブレットを利用することができます。当然、携帯会社の電波が利用できないので、Wi-Fiが利用できる場所に限ることになりますが、一切利用できるなくなるわけではありません。

 

自宅用の2台目、予備として保管しておくのもオススメです。

 

Wi-FiモデルとCellularモデル

「Wi-Fiモデル」「Cellularモデル」を聞いたことがありますでしょうか。iPadを代表するタブレットで耳にする場合があります。

 

左側の「Wi-Fiモデル」、言い換えると「携帯会社の電波を利用することができないが、Wi-Fiは利用できるモデル」。右側の「Wi-Fiモデル+Cellularモデル」は「携帯電話会社の電波とWi-Fi両方を利用できるモデル」となります。

 

どちらもインターネットに接続できれば利用可能。「Wi-Fiモデル」はWi-Fiしか利用できないので、自宅などのWi-Fi環境でのみ利用する場合には不便はありませんが、外出先でWi-Fiに接続できる場所がないとインターネットに接続できません。その代わりに、「Wi-Fiモデル+Cellularモデル」より安価という特徴をもっています。

 

ご自分の利用用途に応じたモデルを選ぶようにしましょう。

 

スマサポ
以上、スマートフォンやタブレットは携帯会社の契約がないと利用できないという誤った認識について解説させて頂きました。閲覧ありがとうございました。
+3
  • この記事を書いた人

ながぽこ

スマサポチャンネル運営責任者兼脚本担当。NTTコミュニケーションズ出身。在職約15年間に外資系通信会社向けホールセールス、大手金融向けアカウントセールス、コンシューマ向けISP、格安SIMルートセールス等を歴任。2019年4月からスマサポチャンネルの運営を開始。皆さんの通信・ITの分からないを解決するお手伝いをさせて頂く活動をしています。

-お役立ち情報

Copyright © Crilu Co., Ltd. , All Rights Reserved.