携帯(モバイル) 格安SIM(MVNO)

格安SIMはさらに値下げへ! IIJmio新料金プラン「ギガプラン」解説

2021年2月24日

2021年2月24日、IIJが提供するIIJmioが新料金プラン「ギガプラン」を発表しました。提供開始日は2021年4月1日。これまでの格安SIMの常識を覆す低料金になっています。

気になった方はこちらをチェック

公式ホームページで検討

※キャンペーンは注意事項も含めて必ずチェック


IIJmio(みおふぉん)

この記事のポイント

■ 格安SIM料金の常識を覆す低料金

■ 全データ容量がeSIMに対応

■ 5G利用無料

■ データ容量シェア

■ その他仕様

■ 光回線とのセット割引

■ 既存ユーザー(旧プラン)への対応

 

格安SIM料金の常識を覆す低料金

出典:IIJ報道発表資料

IIJ新料金プラン「ギガプラン」は、これまでの「1GB月額980円」「3GB月額1600円前後」だった業界最安料金を下回ります。ドコモ回線/au回線を利用可能。

 

【注目の小容量と料金】

2GB 月額780円(税込:858円)

4GB 月額980円(税込:1,078円)

 

データ容量4GBでも、月額980円(税込:1,078円)。今後は4GB/月を下回る小容量であれば、月額1,000円を切る料金水準が、格安SIMでは当たり前になるかもしれません。

 

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)オンライン専用廉価プランで注目されるデータ容量20GBは、月額1,880円(税込:2,068円)

 

国内かけ放題サービスは、この料金には含まれていません。別途オプション料金になります。

出典:IIJmioホームページ

国内かけ放題オプションの仕様はこれまで通り。1回の通話10分以内の通話が無料になる「通話定額10分」は、月額830円(税込:913円)。1回の通話3分以内の通話が無料になる「通話定額3分」は、月額600円(税込:660円)。

 

従来通り、専用アプリを利用しなければ、当該の国内かけ放題は適用されません。 スマートフォンの標準電話アプリを利用して、そのまま発信すると通常の通話料金(20円(税込:22円)/30秒)がかかるので注意してください。

 

電話をかけることができない、SMS付SIM、データ通信専用SIMは、電話のできる音声対応SIMと比べて、それぞれ月額30円、もしくは月額100円安くなります。

 

全データ容量がeSIMに対応

出典:IIJ報道発表資料

注目は、全データ容量でeSIMに対応したこと。しかも、その料金はSIMカードタイプに比べて、さらに安い月額料金が設定されています。データ容量2GBが月額400円(税込:440円)。さらに安い料金です。

 

物理的なSIMカードを利用する別な通信会社を主回線としながら、eSIMをサブ回線として利用することを想定しています。

 

iPhone11、12に代表されるeSIM対応スマートフォン。これなら主回線と副(サブ)回線を、1台のスマートフォンで使い分けて利用可能。

 

注意としてeSIMでは、音声(電話)には対応しません。あくまでもデータ通信専用として利用します。

 

ここで、具体的な例をご提案。

 

主回線を物理的なSIMカードで楽天モバイルUN-LIMITⅥを契約(データ容量1GBまで月額0円。Rakuten Link利用で国内かけ放題)。副(サブ)回線に、IIJmioのeSIMデータ容量2GBを契約。これで、ドコモ回線を利用したデータ容量2GB、国内かけ放題付き月額400円(税込:440円)のスマートフォンをつくることができます。

IIJmio(みおふぉん)

5G利用無料

出典:IIJ報道発表資料

2021年6月から提供開始予定。IIJのギガプランは、5Gを無料で利用できます。

 

加えて、5G通信と4G通信を、手動でON/OFF切替え可能。5Gエリアでも、4G通信を利用することができます。

 

データ容量シェア

出典:IIJ報道発表資料

この機能も、IIJならではの特徴。2021年6月提供開始予定。

 

それぞれ契約したギガプランの容量を、家族で合算。家族みんなでシェアして利用すること可能。データ容量を、家族で無駄なく利用できます。

 

シェアできるのは、家族間だけではありません。複数台の端末(スマートフォン、タブレット、ルーター等)を持っている方が、それぞれの端末用にメガプランを契約すれば、複数台の端末間でデータ容量をシェアすることができます。

 

その他仕様

出典:IIJ報道発表資料

IIJギガプランのその他仕様は、以下の通り

 

■ データ繰り越し可能(翌月末まで)

■ データ容量追加は200円(税込:220円)/1GB

■ データ容量超過後の最大通信速度300kbps

■ 直近3日間あたり低速通信利用で366MB超過時は速度規制

■ 最低利用期間、解約違約金、MNP転出料なし

 

特に注意なのは、4点目。IIJmioでは、高速通信ON/OFF機能が提供されています。高速通信をOFF(低速通信)にすると、最大通信速度が300kbpsになる代わりに、データ通信量がカウントされません。

 

しかし、低速通信を利用して、3日間累計366MBを超過すると、さらなる速度規制がかかる仕様。もし規制されれば、ほとんど通信は利用できなくなります。低速通信による、ヘビーユーザーを規制したい意図が読み取れます。

 

IIJmioギガプランは、これらの仕様の見直しにより通信品質改善を行うとしています。IIJmioは、格安SIMサービス。お昼休みや、22時前後など通信の込み合う時間帯は、通信速度が低下する可能性があります。

 

仕様変更によって、この状態がどれほど改善されるかどうかは未知数。しかし、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)やサブブランド(ワイモバイル、UQモバイル)と同様の通信品質でないことは、受け入れた上で契約する必要があります。

 

光回線とのセット割引

ひかり回線とのセット割引も提供されています。

 

対象となる光回線サービスは、「IIJmioひかり」。フレッツ光を利用した、光コラボレーションモデルのサービスです。月額600円(税込:660円)が割引になります。

 

競合他社と異なる点は、割引対象になるのは「IIJmioひかりの月額料金」。ゆえに、ギガプランを複数契約していても、割引されるのはIIJmioひかり1回線に対してのみである点に注意しましょう。

 

既存ユーザー(旧プラン)への対応

出典:IIJ報道発表資料

既にIIJmioを利用しているユーザーは、2021年4月1日よりオンラインで「ギガプラン」への変更を受け付けます。その際の事務手数料は無料

 

ただし、ギガプランの料金が適用されるのは、2021年5月以降になります。

出典:IIJ報道発表資料

その代わりに、2,000円のギフト券がプレゼントされます。詳細は、2021年3月1日に案内予定。プラン変更申し込みに加えて、「エントリー」が必要になります。

 

自動適用にはなりませんので、面倒ですが必ず二つの手続きを忘れないようにしてください。

 

こんな人におススメ

■ 通信品質の低下を気にしない節約志向の方

■ 副(サブ)回線に利用したい方

 

今回のIIJmioギガプランは、格安SIMの常識を覆す低料金になっています。

 

通信の込み合う時間の通信品質低下を受け入れつつ、月額料金を少しでも安くしたいひとにおススメです。eSIMプランなら2GB月額400円(税込:440円)なので、お試し利用やサブ回線に最適。

 

通信品質を重視する場合には、サブブランド(ワイモバイル、UQモバイル)がオススメですが、どちらを重視するかは、ご自分の価値観に照らし合わせて、検討してください。

 

気になった方はこちらをチェック

公式ホームページで検討

※キャンペーンは注意事項も含めて必ずチェック

IIJmio(みおふぉん)

スマサポ
以上、IIJmioの新料金「ギガプラン」について解説させて頂きました。あなたに合った適切なサービス・プランを選んでくださいね。閲覧ありがとうございました。
  • この記事を書いた人

ながぽこ

スマサポチャンネル運営責任者兼脚本担当。NTTコミュニケーションズ出身。在職約15年間に外資系通信会社向けホールセールス、大手金融向けアカウントセールス、コンシューマ向けISP、格安SIMルートセールス等を歴任。2019年4月からスマサポチャンネルの運営を開始。皆さんの通信・ITの分からないを解決するお手伝いをさせて頂く活動をしています。

-携帯(モバイル), 格安SIM(MVNO)

Copyright © Crilu Co., Ltd. , All Rights Reserved.